XMのアップデート待機中についての考察

【多くの人がレバレッジの大きさに惹かれて海外FXを始める】

FX取引をする人にとって、レバレッジの大きさというのはFX会社を選ぶ際にかなり大事なポイントとなります。自己資金が少なくても、大きな額の取引ができますので、それだけリターンを期待できるからです。その点海外FX会社は、非常に大きなレバレッジ倍率を提示していて、国内の会社とは比較になりません。国内FX会社は規制によって最大で25倍となっていて、今後その規制が強化される可能性もあります。一方で海外FX会社は事実上規制がありませんので、100倍を超えるところも珍しくありませんし、1000倍というところもあります。

それだけ大きな取引を一度に行えるということで、利益率を上げることができます。海外FX会社も、日本のこうした規制について知っていて、日本人トレーダーが海外FX会社を利用したいということを理解していますので、日本人向けのサービスを展開しています。そのため、英語が操れないという人でも安心して利用できるようになっているのも魅力です。

【ゼロカットシステムで安心して取引ができる】

レバレッジ取引で恐ろしいのが追証です。レバレッジを利かせて取引をして成功すればいいのですが、損失を出してしまった場合、損失分をカバーしなければなりません。自分の取引口座の資金では足りない分は、追加入金つまり追証することになり、事実上借金を抱えてしまうのです。しかし、海外FX会社の多くでは、ゼロカットという制度を採用しています。つまり、口座に入っている証拠金以上の補填を求めることはないのです。そのため、自己資金以上に負担を抱える必要がなく、リスクを最小限に抑えられるというメリットが生まれます。

【スプレッドが広い点には注意して海外FX会社を選ぶ】

このようにメリットの多い海外FX会社ですが、国内FX会社と比べたデメリットも存在します。それが、スプレッドが広いということです。つまり、売値と買値の差が大きくなっていて、その分取引での利益率が下がってしまいます。FX会社が得られる利益とも言えるでしょう。そのため海外FX会社を選ぶ際には、スプレッドの幅を比較してできるだけ幅が狭いところを選ぶことが重要です。それだけ取引の効率が上がりますので、リターンも得やすくなるのです。

ここでの注意点は、スプレッドの幅が狭い代わりに高めの手数料を徴収しているところもあるということです。手数料が徴収されるのであれば、スプレッドの幅が狭くても意味がありません。手数料が低くて、なおかつスプレッドが狭いところを選ぶようにしましょう。

リバイブラッシュ 使い方

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする